ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年5月2日土曜日

【1年前の今週の1枚 19’5/1-7】

COVID-19により緊急事態宣言は延長のようです。
5月後半に予定していた天川村でのキャンプツーリングは2度ある事は3度ある。中止になりそう。

外出自粛で職場と家の往復だけで過ごす事が大半。
家の掃除とか色々細々としていますがDIY的な情報は他の方々のサイトが10000倍参考になります。

カメラも防湿庫に眠り続けています。
撮影にも行けていないので備忘録のネタもありません。
という訳で「1年前の今週の1枚」を可能な限り見返していきましょう。

19’5/4-5 富士山の麓でキャンプ

2020年4月24日金曜日

【Road to SFCスーパーフライヤーズカード 支出報告】 20'4/22

COVID-19による緊急事態宣言継続中。
緊急事態宣言をされているが宣言だけであり任意によるところが実情。

巷の報道では自宅待機者がコロナで死亡、クラスター発生etc そのようなニュースばかりが流れています。

いつも言うようにスポットでニュースを延々と深刻な顔で報道され続けると不安を煽り続けているのは自明。報道側の個人の推論で好き勝手の発言で大衆が扇動されているように見受けます。

インフルエンザ関連でも毎年1万人以上亡くなっている。この事を恐れて社会活動を止めているのでしょうか。

命の切り捨てかと言う人が多々いると思いますが個人的には藤井聡先生やこちらの記事に概ね賛同。

喫煙者がリスク。肥満がリスク。糖尿病患者がリスク。
これはどの疾患でも同じ事でありわかり切っている事。

なぜ、これらの事がわかっているのにマスクを買い求めながら煙草をすぱすぱやり続けている人がいるのか。
食べたいからという理由で節制なく食べ続け肥満、生活習慣病の悪化を続けるのか。
もちろん、「わかっちゃいるけどやめられない」という心理や心の病等の種々の理由があるのも事実でありますが。

人間誰しも病気になりいつかは天命を迎える。
どれだけ節制していても病気になる人はなるし不摂生をしていても病気にならない人もいる。
が、疫学的に喫煙、糖尿等で種々のリスクが高まるのは自明。
ならばそのリスクを高める原因を排除するよう予防医学へ目を向けたら健康寿命が延び医療費も抑制され個人、国共に良い事ではないのでしょうか。

そこをどのようにして乗り越えていくかが人であり自分との戦いと思うのはきれいごとかしら。

自分も聖人君子ではなく我慢しなければいけないのに我慢できていない事が多々あるので偉そうに言える立場ではありませんが・・・。
人間誰しも汚い部分やずるい所、アウトな所はあるでしょう。

けど、一国の宰相が己及びお友達の利益の為に血税を流用したり法律を捻じ曲げるような事をしでかすのは度が過ぎているし良心のかけらもないように見える。
赤絨毯の上で特権意識にまみれた人達はこの国の10年だけでなく50年、100年先の事を思って政治をしているのか。
中学生でもわかる嘘を平気でつき続けても当選させ続ける地元の民度も疑う。

布マスク2枚を各世帯に配る費用が466億円。あほ過ぎませんか。

と、また前置きが長々と続きました。
熱く文句を言いながら支出報告なんぞのつまらん備忘録ですが参考までに。

先にも述べましたがコロナ特別対応で1/1~6/30搭乗分のプレミアポイントを2倍とするという告知がありました。

通常なら16往復で2216Px16=35456P
騒動前に16往復しており日によって航空運賃は変動していますが
純粋に航空券を16往復分支払っていたら268300円。
7.57円/P
マイルをSKYコインに変換してSKYコイン使用をしたりしたので実際の支出額は145960円。
4.12円/P

1P当たり10円以下であり十二分に認容内ですがポイント2倍となったので今回のRoad to SFCでの1P当たりの費用は
2.06円/P でした。

純粋に航空運賃で換算しているだけで空港までの交通費や沖縄での出費を計算したら実際のP単価は上昇しますが取り急ぎ参考まで。



自粛要請で本当に家と職場だけが続き精神的にも参ります。
しかし今は皆、同じ状況。知り合いの飲食店の人達を思うともどかしさもありますが可能な限り早期収束をさせる為にも今は耐えましょう。

世の中の大多数の流れから耐えようと言っていますが本筋はこうではないのかと強く思います。


2020年4月12日日曜日

【こういう御時世だから大学時代の振り返り & Please contact me from HK】 20’4/12

COVID-19による外出自粛で家と職場の往復だけの日々が続きます。

個人的に藤井聡先生のこちらの記事動画に賛同。
が、職場第一号になって周りに迷惑をかけてはいかんという思いもありなんやかんやで自粛。

協力を求めるという表現に留めていると結局自分も含めて出歩いてしまうもの。
2週間と言いながら中途半端な制限だからだらだらと感染が続いてもう2週間、4週間と中途半端な自粛が延々と続きそう。

だったらフランスとかみたいにガツンと外出禁止令、徹底的に3週間近く閉じこもる的な方が長い目で見たら良いように思えます。
法律論どうこうの話になるけど非常事態と言っているなら非常事態なりの柔軟な対応をして欲しい。

マスクも億枚増産とか言っている割に医療現場の資源は枯渇。
国がメーカーから一括管理にして必要な所に配給してくれ。マスク求めて朝から並んでいる健常者を見ると???という気持ちになる。

前にも書きましたが「防ぐ」というよりも「うつさない」という意味合いのマスク。
無症候性感染者とか言い出したらキリがない。元気でどうもない人がマスクを追い求めて並んで転売やーから高い金でネット購入とかあほらしい。

どうもそこら辺の正しい情報も整理して欲しい。
日赤の医者からの拡散希望とか訳わからん情報を喜んで拡散させてる奴らもおるようですし。
コロナで肺の繊維化って・・・。DADパターンのなれの果てで肺の繊維化は起こるけどコロナですぐ繊維化とか個人の解釈での情報を流すな日赤の医者を騙って。


この間違った情報にまみれたSNS社会にもある意味疲弊してネット上で愚痴ってしまいましたが前置きはこの辺で。
楽しくない日々だからPCのHDDの整理も兼ねて大学時代の写真を見てみますがまあ少ない事。

6年間も過ごしていたのにたったこれだけかというくらい少ない。
確かにガラケーの時代でようやくデジカメが普及しだしていた頃だったはず。SONYとかCASIO!!のデジカメを見て喜んでいたような。

大学6回生頃からデジカメ持ち始めたようで節目ごとにアホ写真が量産されていた(苦笑)
学生時代は楽しかったなーと個人的回想。

今回の備忘録は超個人的な回想と業務連絡。
こういう出歩けない時期だから出来る事もあるから有効に時間を使おう。

国家試験に向けて勉強会室なるものを与えられてみんなで籠っていた日々。
つっかえ棒とかをホームセンターまでみんなで買いに行った時が懐かしや。部活のジャンパーを愛用していましたがまだまだ現役です。

懐かしの214号室



たしか2回目の卒試を終えて羽を伸ばしていた頃だったでしょうか。
ホルモン何百gかを30分以内に食べたら無料とかのお店が大学の近くにあった。

勿論とっくに潰れて今はありません。名前なんて店だったかな。
勉強会室のメンバーでアタックしてたけどあの頃は若かった・・・。



途中からほとんど炭になっとる(苦笑)
げらげら笑いながらそう言ってたような気がする。

時刻が写真に残っているけどM井は30分以内に完食したけどI井は炭と戦っているから完食出来なかったんですよね。



カラオケに行く事なんかないけどこの時は気晴らしに節目の飲み会の後に行っていた模様。うん、こうして見返してみると楽しそう。実際に楽しかった。

これは1回目の卒試を終わったあとの打ち上げだったはず。



あとはアホ過ぎる写真ばかりですが結構鮮明に覚えているものですね。

悔やまれるのが卒業旅行の写真。
勉強会室オフィシャル卒業旅行はスペインにサッカー観戦しにいくというものでしたがサッカーに興味がないのに大金はたいてスペインまで行く気にならんと小生だけ欠席。
その代わりM井と二人で青春18きっぷで北海道まで行くのが卒業旅行になりました。

今思えば貴重な列車旅で今では絶滅している列車も多々あったのにアホな汚い写真ばかりを量産していた。
まあ写真とか鉄道撮影を始めたのは社会人になってからでしたが勿体ない事をしてしまった。

青春18きっぷでの鈍行旅行が卒業旅行ってのもある意味寂しいけど良い思い出。
名古屋から東京経由で東北本線に乗って福島駅で降りたようです。



記憶が飛んでいるけど青函トンネルは485の特急白鳥で北海道入りしたようです。



いつの間にか函館に到着したらしい。



寒かった思い出しかない函館ですがもっとちゃんと観光したら良かった・・・。
このアホ写真で終了しているからこの後どうやって下宿まで帰ったのか記憶にない。



と、今回はCOVID-19で出歩けずネタもなくHDDのゴミ箱からの思い出振り返りとなりましたが
咳エチケット、手洗いの励行をしっかり継続して感染しない、感染させないという意識を持ち続けましょう。

そういえば流行になりつつあるオンライン飲みを先ほどやってみた。
普通にlineのグループビデオ通話だけど意外と楽しかったのが正直なところ。



最後に個人的な業務連絡。
ふとした事でHKの知り合いの方と連絡が取れなくなってしまいました。
中学生レベルの英語で申し訳ない。

If you see this article.
Please contact me from HK.


2020年4月2日木曜日

【御近所桜探訪記 @高野川界隈】 20’4/2

COVID-19で閉塞感が増している今日この頃。

いつどこで自分が拾ってくるかもわからず。自分は軽症で済んでも職場や高齢者への影響を考えると全てにおいて気を遣います。

当初は「≒flu」的な思考回路でしたが想像以上に手強い様子。

ただ色々な情報が錯綜。特に恐怖を煽るような記事が大多数を占め冷静に考えねばなりません。
国によって致死率が異なるのがどういう事かという点等をしっかりと考えるべきですが何人亡くなったとか若者の死亡例等の記事ばかりが流れる昨今。
人種差の影響もあるのでしょうか。それともアジア諸国はマスクの着用率が高いから無症候性感染者からの影響が少なく留まっているのか。諸説ありまだ真の事がわかりません。

ソースがしっかりとした情報、きちんと解析されたデータを元に冷静に対処しましょう。

厚労省の4/1時点の発表ではPCR陽性での確定症例が2178例、死亡例が57例であり単純計算で2.6%の致死率。確かにfluより高いのは事実ですが次々に亡くなっている報道がある欧米諸国と比して本邦は遥かに致死率は低い。
JAMAオンラインで見る事が出来ますがイタリアでは7.2%。ただPCR検査も感度が70%以下らしくすり抜けや無症候性感染者を含めたらもっと多くのNであり真の致死率はもう少し低いのかもしれません。

統計とか全く理解していないので素人がこれ以上語るのは止めますがインパクトのある記事(若年者の死亡報告etc)ばかりに引っ張られずに一呼吸おいて見直しましょう。

京都は着物を着たおじさんが当初はそこまで危機意識がなかったのか桜のライトアップがあったりと大阪、兵庫の自粛要請とは異なりのんびりしておりました。

関西圏で個々の府県が自粛をしても人の流れは多く全体でやらないと効果は乏しくなるのではないかと思いますが今後どうなるのでしょうか。行政の人達、特に保健所職員、対応窓口に応援で動員されている保健師さん達等は大変ですが不休の対応をされていると思います。

花見というムードもなく今年の桜は犬の散歩のついでに近所の高野川界隈を散策して終わりそうです。
「桜見て来たよ」的な記事を上げるだけでも不謹慎と叩かれるのが現世の風潮かもしれませんが。

今回も前置きが長くなりましたが鴨川デルタから高野川方面を上がっていくと川の東側は素敵な桜並木。
個人的に御薗橋~高野橋~松ヶ崎橋が綺麗だけど空いていて好き。平日という事もありそこまでの人出もなく犬付きでものんびりと散歩できます。

1枚目は最寄りの疎水で2、3枚目は御薗橋の近くから。





夜勤明けの木曜日。雲が湧いていましたが雨も上がり晴れ間も少しありました。
収束する日が読めませんが日々健康に働けている事を感謝して明日も頑張りましょう。



2020年3月25日水曜日

【Road to SFCスーパーフライヤーズカード 2020後半戦の巻→あっけなく終了の巻編】

コロナ騒動で沖縄往復の旅は自粛し6月まで延長しておりましたが急転直下のオチ。
ANAからコロナ特別対応で1月1日~6月30日搭乗分のプレミアムポイントが2倍にするという事等の記事がメールで配信されてきました。



コロナ騒動発端の辺りで後半戦に突入していたので3万ちょいまでプレミアムポイントを獲得していたので倍換算されると7万ちょいと目標の5万ポイントをクリア。

SFC取得の条件が変わらず5万ポイント以上のプラチナステイタスで良いのなら取得完了となります。
このラスト1往復で5万ポイント達成したなーという達成感もなくいきなりの終了でなんか拍子抜け。

逆の立場的に考えると航空業界は大打撃で大変なのにマイルとかプレミアムポイントでここまで優遇せんでもええのにと心配してしまうのは素人考えでしょうか。
ポイントを倍にするからと言って搭乗者数が増えるとも思えませんしこれにつられてホイホイ不要不急の外出を促すわけにもいきませんし。
特別対応で全て手数料無料で払い戻したりと本当に大変だと思います。
だからこそ余計に応援したくなるのが人情ってもの。コロナ騒動が落ち着いたら今まで以上にANAを利用して旅します。

グレタさんには怒られるかもしれないけど。

始まる前は23往復はしんどいめんどい辛そうと弱気になっていましたが通えば通うほどに慣れて沖縄が愛おしくなりました。
沖縄往復がない週は逆に元気も出なくなる、そんな状態に。人間、慣れればなんなりなるもんだと改めて実感。

あと、旅は素晴らしい景色と京都と異なる空気だけでなく新たな出会いと懐かしの出会いもありました。
沖縄でお世話になった知花冷凍食品の宮城さん(顔出し許可いただいています)。
ありがとうございました。今後もまた通います。




そしてここで数奇な出会いもありました。
いつも一人カウンターで宮城さんの話を聞きながらお任せで料理をお願いしていましたがある日の事、酔っ払いのオッサンがカウンターに。

お二人組で2軒目のようで既にできあがっている・・・。絡まれたらめんどそうだと当初は思っていましたが沖縄の地元の常連さんのようで人の好さそうなオーラが滲み出ています。

目が合ったら「あんた何処から来たの?」的な話から徐々に打ち解けて酔っ払い同士で語り合いますがどうやら同業臭い・・・。
自分の事は棚に上げて昼間っからこのオッサンなにやっとるんだと思いながら出身大学の探りを入れていくと同じ県にある大学出身らしい。

この陽気なオーラと人の好さと昔ながらの豪快なノリはもしかしてもしかしてと思ったら案の定同じ大学(苦笑)
21学年上にあたる大先輩でした。まさか沖縄でと思いましたが世の中狭い。
しかも学生時代の実習の同じ班だった沖縄出身のアオピーが初期研修時代の指導者でもあったというオチもあり大いに盛り上がりました。

因みにお連れのA木さんはたまたま知り合った飲み友らしく福岡への転勤前のラスト沖縄飲みだったようです。
そんな大切な場に同席させていただき感謝です。沖縄から九州へ異動されてもいつかまた知花冷凍食品で会わん事を。



別日に沖縄でのアオピーとの再会もありましたがアオピーは大学の同期かつ学会とかでも会うからここでは割愛。

瀬長島にも何度か通いましたが糸満市の飛行機マニアのおっちゃんもありがとうございました。
3/26から那覇空港第二滑走路の供用が開始されたら夕陽を浴びるRW36運用の着陸シーンは見られなくなると教えてくれました。豊見城の市街地や海を背景に撮影出来て好きだったのですが。コロナ騒動で沖縄便も激減して運用がどうなる事か心配ではあります。





那覇空港で見かけたピアノ弾きの男の方は新たな目標を与えてくれました。

慕情の中、着陸してくる飛行機や誘導路上のタキシング中の飛行機。そしてしんみりと響き渡るピアノの音色。
これらが相まって得も言われぬ感覚に。思わず途中から動画で撮影してしまった。

正直、聞いた時は「これ、カローラフィールダー(トヨタ車)のCMの曲だ。なつかしー」くらいしか思わなかったのですがしばらく見て聞き込んでいるともの凄く心に響いてきたんです。

わかる人はわかると思うこの感覚。「そうだ、自分もピアノを弾けるようになりたい」
動機ってほんとある意味単純。コレ、今後の最大の目標。




そしていつもお世話になったソラシドエア、ありがとうございました。

コードシェア便と知らずにANAだと思って神戸空港に着いたらソラシドエアって知らない航空会社で初回はがっかりしたけど快適でした。
機内アナウンスもANA程自動化されておらず生のチーフCAのアナウンスを聞けて幸せでした。
地上クルーもメンバーによってはボード付きの笑顔でお見送り、こういうのってなんか凄く嬉しくなる。安全運航に関わる全ての人に感謝。




神戸泊の時は初期研修以来の同期とも12年ぶりに再会したりと多くの出会いがあった沖縄往復。
止めはある意味奇跡的な再会。
いつもは最安値の神戸空港⇔那覇空港往復でしたがある日は何故か伊丹発那覇行きが最安で1回だけ伊丹発という日程がありました。

阪急京都線南茨木駅経由で大阪モノレールに乗り換え大阪空港で降り立ちますが出発の2時間以上前に到着と早過ぎた。
屋上展望台とか空港内を色々散歩して時間を潰しますが伊丹空港は大改修の真っただ中。屋上はワイヤーが張られて以前のような自由な写真撮影もできなくなり魅力は半減以下になっていたのは知っていましたが更に空港内も大改修中。

スタバとか土産物屋があった所がANAの保安検査場入り口になってしまっているじゃありませんか。屋上にはそらやんのお庭なるものも作られている・・・。



昔の面影は何処に行ってしまったんだと少し寂しくなりながらついでに赤組さんの方も巡ってみようとふらふらとJALの保安検査場まで散歩。

と、JAL側のベンチに座っていた女の人から「●くん?」と声掛けが。ん、誰だ??と思わず聞き返してしまいましたがなんと浪人時代の同期。

19歳の時以来だから21年ぶりの突然の再会ですがあまりにも突然すぎて驚く間もありません。まさか21年ぶりに河合塾の同期と空港で会うとは。クラスも違って共通の知り合いを通じての知り合い程度だったけど・・・。数奇なものです人生とは。



ずっとソラシドエアの737しか乗っていなかったので787でテンションが少し上がってしまった。が、初飛行から何年経ってんねんって感じです。

なんだか最後は少しおセンチモードな備忘録になってしまいましたがRoad to SFCは終了です。4月末にポイント加算が終了するようでありその結果を見るまでは確定ではありませんが。

次の目標に向けて頑張りましょう。
そして、コロナ騒動が収束すればまた気ままに沖縄に向かいましょう。

2020年3月21日土曜日

【みさき公園・和歌山雑賀崎touring備忘録】 20'3/20

この日は春分の日ですが貴重な金曜日の祝日。
以前から奈良の大将との合流も鑑みて和歌山方面に走りましょうかと予定をしておりました。
いつも奈良方面のtouringを予定していても雨で流れる事が多かったけどこの日は晴れ。

今回から新たなニューフェイスが加わりMお女史とN女史が初参戦。
コース取りは3月で閉園してしまうみさき公園に立ち寄り加太の淡島神社から和歌山に入って雑賀崎を目指すというざっくりとした感じで詳細は考えていません。

各人の事情もあり京都組は上鳥羽IC手前のローソンに集合です。
奈良の大将は当直明けというハードな日程ですがみさき公園で合流出来たらという感じで夜に連絡があったきり音信不通状態に。
きっと勤務が長引いているのだろうと皆で考えますがとりあえず京都を発ちましょう。

大将(M先輩)が直明けという事からもスロースタートで10時半集合の予定でしたがMお女史は夜型人間という事で10時半集合でもハードルが高かったよう・・・。
遅刻→11時に出発といういつも通りののんびり出発となりました。



駐車場でサクッと出発式を済ませ上鳥羽IC→第二京阪→近畿道→阪和道と南進を続けたらあっという間に泉南ICに到着し高速から下道に降ります。

海が見えただけでも黄色い声が上がっておりせっかくだから海の近くを走ろうと極限まで海沿いの道へ進みますが防波堤の横を走っているだけの状態が続きます。
それでも少し隙間や小高い所を通って海が見える度に黄色い歓声。純粋で良いですね。

お昼ご飯を食べようと思っても満席で入れずもあり結局空腹のままコロナ騒動で閉園延長中とわかっているみさき公園まで向かいます。
中に入れないのは残念だけどみさき公園の看板と記念撮影出来たら良いのです。

休園中だけど入り口には警備員。少しだけ撮らせて下さいと声をかけてさささと撮影。



この日は本当に良い天気で青い空に青い海と気分は最高。
出発は遅かったですがみさき公園は一瞬で終了したので遅れを取り戻し次なる目的地、淡島神社へ向かいます。
みさき公園集合予定の大将からは相変わらず音信不通。これは業務がなかなか終わっていないのかといよいよこの日も参加は無理なのかという思いが湧いてきます。

加太に到着したのが14時近くで空腹絶頂。海鮮モノが大好きなKさんチョイスで「活魚料理いなさ」さんへ。
メニューを見てみたら1500円の海鮮丼セットから3500円の鯛のミニコース等色々あります。店員さんはお勧めは鯛ですとかいろいろ話してくれましたが小生は迷う事なく値段で海鮮丼セット1500円をチョイス。が、Kさんはせっかくここまで来たのだからと鯛のミニコース3500円をチョイス。
こういう時に器の違いが出ますな。でも器が小さい男だと自覚しているだけ許してもらおう。

加太の海も綺麗。おじちゃんおばちゃん達ですがちょっと青春風に記念撮影をして淡島神社まで移動します。




ここでようやく大将からみさき公園向かいますという連絡が。もうとっくにみさき公園から居ませーん!と連絡して淡島神社で待つ事に。

淡島神社はHPを見てみると「ご祭神の少彦名命は、医薬の神様。特に、女性の病気回復や安産・子授けなどに霊験あらたかといわれています。」とあります。
人形供養の神社で大量の人形が並べられている神社というイメージでしたが色々な神様がおられるものです。






境内を巡って時間を潰していましたが15時半頃に大将が合流です。
単車を並べるスペースはないので鳥居前で集合写真を撮影して時間も押しているので次なる目的地の雑賀崎へ移動します。
が、よく考えたら京都組は境内を散策してお参りもしたけど大将は奈良からせっかく淡島神社まで来てくれたのに境内に入る事なく即移動になってしまった。ある意味ひどい話でありこの場を借りてお詫びします(; ・`д・´)



陽がだいぶ傾いてきたので先を急いで雑賀崎を目指します。
ここは「ジブリの映画の舞台のよう」とか「東洋のマルフィ(←イタリアの景勝地)のよう」と言われている地で小生的には是非皆さんと訪れたかった場所。

めんどくさかったので「ジブリの映画の舞台になったようですよ」と端折って説明して向かいましたがこの中にジブリファンがいたのが誤算。

「ジブリの映画でここが舞台の作品ってありましたっけ。俺、ジブリファンなんですけど」と大将が。
端折って説明してすいませんでした。舞台になったわけではなく舞台のようという事です。

崖の上のポニョの舞台は広島の鞆の浦というのは周知の事実のようですが雑賀崎も舞台になっていたもおかしくない?雰囲気、ありませんかね。
女史達の反応もイマサンで黄色い歓声もなく粛々と記念撮影をして終了。時間も遅く逆光となってしまったのが残念。じっくり眺めて街を歩いたら味を感じられるんだけどなー。




さて、いよいよ陽も傾いてきて復路の2時間を考えるとこれからどうするか。せっかく当直明けに合流してくれた大将との時間を有意義に過ごしたい。
メンズはお風呂大好きなので当初は加太温泉に入りましょうとなっていましたが雑賀崎からなら和歌山マリーナシティの天然紀州黒潮温泉の方が近くて安い。夕陽を眺めながら入りますかとなり黒潮温泉880円也(貸タオル等別)。

女史組とは18時に集合と約束をしましたがあまりの夕陽の美しさに小生一人飛び出して和歌山マリーナシティ大波止へ急いで向かいます。が、到着した時には日没後。ほんの数分だったけど日没ってなんでこんなに一瞬なんでしょう。

でもこの日の西の空は雲一つない快晴でマジックアワー、ブルーアワーを堪能。



巨大な音符か巨大なゼンマイのように見受けるオブジェは一体。



語彙力がないので形容し難いですが見事なグラデーション。
一人で見続けるのはもったいなく日没後ですが風呂上りにソフトクリームを食べてまったりしている残りの方々を急ぎ呼び寄せブルーアワーを共に過ごします。こうやって皆と良い景色を感じる事が出来て幸せでした。



時刻は19時近くになっており和歌山と大将との別れを惜しみつつ帰京です。
結局当直明けから馳せ参じてくれた大将とは一瞬でした。touring前後で当直を引く節が多いですが次回こそは最初から最後まで御一緒できる事を祈りながら阪和道和歌山南スマートICから高速に乗り美原JCTでお別れです。

残りの4名で京都まで戻り21時過ぎに開始という遅めの晩御飯をして23時には解散となりました。



この日の走行距離は約300kmでした。

2020年3月13日金曜日

【早春の永観堂・南禅寺巡り備忘録】 20'3/12

Road to SFCはコロナ騒動もあり少しばかり自粛。
後半戦に突入していましたが少し間を空けて6月終了へ計画変更。

日本全体でおかしな報道ばかりが目につきます。

昔も変な輩は必ずいたと思いますがネット社会ですぐにそういった輩ばかりがクローズアップされて情報が拡散していくから余計におかしいと感じるのでしょう。

大衆心理とは本当に恐ろしい。冷静に距離を置いて考えてみようぜと思います。
過去に関東大震災で朝鮮人が井戸に毒を入れたとかの出所不明な情報が流れて虐殺されたという古い記録がありますが今のトイレットペーパーが店頭から消えるとかそれに近い。

ごく一部の輩がソース不明の情報に踊らされる→利己的で自分の事しか考えない→買い溜めに走る。その悪循環でしょうに。こういう時にその人の真の姿が見えるものです。

在庫が少ない時分だからこそ皆にも行き渡るように一人一個に留めておくとかそういう気持ちのかけらもないのでしょう。
人の弱みに付け込む転売屋もはっきり言って地獄行き。人の困っている状態を商売にして得た金で歓びを得る人達ははっきり言ってろくでなし。

まあこの忘備録自体も個人の主観をつらつらと述べているだけであり暴言だ等と文句を言ってくる人もいるでしょう。地獄行きなんて発言けしからんと言う人もおるでしょうに。

世の中過剰反応しすぎで疲れる。
少しのミスや過ちも許さない人達が多い。ごくごく一部の人が繰り返しいちいち小さな事でも文句を言っているのが現実だと思うけどそれを毎回記事に取り上げるネット記事とかマスコミもなんとかしてくれ。

そういった聖人君子ぶった輩は普段どれだけ素晴らし振る舞いをしているのか見せて欲しい。

結局自己中心的な人間が増えすぎて他人の事、逆の立場を考えられないという事でしょう。忙しいのは自分だけじゃなくて大変なのは自分だけじゃありません。

また前置きが長くなりました。
役所と銀行に行く用事のついでに少し近所を散歩。春の霞もなく凄く良い天気でした。
永観堂と南禅寺を少しだけ眺めて帰宅です。

コロナ騒動で京都の観光地がガラガラとニュースでもありますが行ってきた同僚達も皆同じ答え。ほんまかいなと思い行ってみましたが確かにガラガラ。
平日という事を差し引いてもガラガラでいつも溢れていた外国人がほとんど居ない。

浄土宗西山禅林寺派総本山(永観堂)




永観堂は門前までの訪問でしたが自分の胸に突き刺さる旬言が・・・。



ぐさりと突き刺さったけど逆にここまで的を得ているのは気持ち良い。
「うまい事いわはるわ~」と京風に呟きながら怒らないように一層意識しようと思います。

前置きの時点でブリブリ地獄行きとか言っている時点でこの旬言の効力は一瞬だったという事ですが。でも、これからも意識します。

永観堂を出て東山高校の前を抜けたら南禅寺。
南禅寺は大学生の春休み期間とか卒業後の期間もあってか若者が結構居ます。
みんな着物を着たりして水路閣の所に多く集まり記念撮影に興じておられます。午後からだと逆光で撮り辛いのですよね水路閣。



若者が多くおっちゃんが邪魔してもあれなので早々に水路閣を離れて今回初めて有料の方丈へケチらず行ってみます。ここも有料を差し引いても空き空きで庭園、方丈をまじまじと感じる事が出来ました。



コロナ騒動でなんだか暗い気持ちになっていましたが少し晴れた気持ちに。
畳の香、梁の香、癒されます。こういう時代だからこそ昔の日本を感じられて良かった。

2時間弱で散歩は終了し帰宅。
自分の目で見て耳で聞いた事を振り返り惑わされる事なく歩みましょう。
情報の鵜呑み程危険なものはありません。ソースが一体どこで何を根拠にそう言っているのかを確認する事が大切。

話をぶり返しますがマスクでウイルスは除去できないのになんであんなに買い漁ったり高値で買うのか理解に苦しむ。
「マスク=安全」というメンタル要素でしかない。もちろん飛沫を浴びるのを防ぐ意味では、ありですが。あくまで自分の有症状を周りの人に飛沫させないという意味合いでのマスクです。
元気で呼吸器症状皆無の健常者が買い漁る姿のは一体全体。防げないという情報もあるはずですがそれ以上に変な恐怖で無意味な行動に走るという集団心理が働いている状況に見受けます。


浄土宗西山禅林寺派総本山(永観堂)と臨済宗大本山南禅寺の帰り途中。
カトリック教高野教会にて。



思わず写メしてしもた。和も洋もうまい事いわはる(苦笑)
不謹慎ですいません。やっぱり僕は凡人です。

宗教絡みで戦争が続いているけど「個人の拠り所」としては良いと思います。



2020年3月2日月曜日

【Road to SFCスーパーフライヤーズカード 2020前半戦の巻 その6最終回(ジャッキーステーキハウス編)】

沖縄短時間滞在忘備録シリーズ。ある一日その4。
この日の沖縄は雨。朝便で那覇入りですがどうしたものか。

九州付近からずっと厚雲に覆われており飛行機からも晴れ間見えず。



雨の沖縄も良いじゃないか風情があって。
とか思いながらマイブーム満月茶をいただき深夜特急を読みながら那覇へ向かいます。



毎回行動範囲が那覇空港周辺だとネタが尽きかけてきて居心地の良かった知花冷凍食品にまた行こうかとなりますがまだまだ色々お店があるのが那覇です。
沖縄県人は飲み会の〆でステーキを食うとかを民放でやっていましたが鉄板と言えるべき店として「ジャッキーステーキハウス」。

県外でも有名で観光客が大挙してきているみたいで。正直、観光客が集う店には行きたくないのですが(自分も観光客のくせに)沖縄人のソウルフードならば行かないわけにはいきません。

雨だけど那覇空港に降り立った時は霧雨状。こりゃ傘ささんとパーカーを被っていけばなんとかんるだろうと思いゆいレール代をケチって歩いてジャッキーステーキハウスを目指します。
しかし沖縄の雨風を舐めていました。空港を出てすぐに大粒の雨になり折り畳み傘の出番ですが風も強い。何度か逆さっ傘状態になります。
とぼとぼとゆいレール下を歩きますがなんなんこの天気って毒づいている自分がいます。沢木耕太郎の深夜特急では雨が心地よいとかずぶ濡れになりながら旅をしていますがやっぱり自分は深夜特急には程遠い。



安次嶺の交差点から国道331号を北上。
途中にパイナップルハウスという観光客向けのお土産施設が陸自那覇駐屯地の横に見えます。沖縄そばとかの文字も見えてこの風雨の中を歩き続けるのは苦痛だしここで今日は済ませるかという思いが一瞬過ります。



いやいややっぱりここまで来た時点で傘は用をなしておらず下半身もずぶずぶの状態になっているのだから開き直ってジャッキーを目指します。

先へ進むと奥武山公園の駅とは反対側に到着しますがこんな風雨の中でもジャイアンツ vs ベイスターズのオープン戦が。
沖縄の人はこれくらいの風雨には慣れっこのようで傘はささずにビニール合羽とビーサンで濡れてもいい格好で普通に歩いている。後で見てみたらこんな雨の中でも9回まで試合は行われたよう。



晴れていたらグッズ売り場とか球場の雰囲気を見ようと思いますがずぶ濡れ空腹状態なので通過。奥武山公園を越えて明治橋を渡るとあと少し。こんなに濡れて寒いならゆいレールで普通に旭橋駅まで乗れば良かった。

先日は沖縄を歩くとのんびりした気持ちになれますとかぬかしておりまましたが根本はいらちのままだという事を改めて実感・・・。

少し裏町っぽい所にジャッキーはおりました。いや、ありました。



ちょうど昼ピークと思われる12時台。ここから見ると空いてそう。てか営業してるのかと思いましたが店の前に行くと外にまで行列が。
普段は並んでまで食べるとかは滅多にしませんが雨の中また彷徨うのはごめん。今日はジャッキーオンリーの日と割り切って並びます。ここでもピンで自撮りとかしながら並んでいましたが駐車整理のおじさんが名前書きましたか?と。店内に名前を書いていなかったら意味なし。ありがとうございました。



40分待ちと書かれていましたが20分ちょっとで着席出来たような。正直帰りの飛行機の事を考えるとそんなに待っとれんと思いましたが助かった。

店内は昭和な匂いのする食堂って感じ。お一人様で来ていたのは悲しいかな自分だけでしたのでBox席に申し訳ない。11番に案内されましたがポツンと一人はやっぱり寂し。



さて、なにを食べるか。
事前にメニューとかほとんど調べずに飛び込んだので値段とまず相談。
ランチとかもあるけどジャッキーステーキハウスに来てステーキを食わずして来た意味なしと考えニューヨークステーキのS、1800円を注文します。

「焼き方はどうします?」と聞かれましたがミディアムとかの頭言葉を付けるのがめんどくさくて「レア」の二文字で済むという単純な理由で「レアで」と返事。

サラダと白色の独特な味のスープがまず運ばれてきてしばらくしてからメインのお肉の登場です。



「レア=rare=生」

直訳したらまんまですがそのまんまな肉が出てきました。
レアって頼んだ自分が悪いのですがあまりにも?レア過ぎて絶句してしまった(苦笑)

レアを頼んだくせに急いで裏返して鉄板にフォークで押し当てて少しでもミディアムになるように頑張ります。ここもやっぱりステーキと同じでいろいろなソースが用意されていますがやっぱり塩と胡椒でシンプルな味付けが一番。個人的に。

ステーキソースはケチャップみたいで肉の味を消してしまうと思うけどアメリカ人にとったらケチャップ風味が馴染みなのでしょう。



まだ並んでいる人がいる中でBox席を一人で独占しているのが申し訳なく猛烈な勢いでかき込んで店を出ます。出た時には店外の行列はなくなっています。もう少し時間ずらせば良かったなーと思いながら帰りは素直にゆいレール旭橋駅から那覇空港に戻ります。



沖縄23往復もぼちぼち後半戦に突入しつつあります。