ラベル 2019年9月 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 2019年9月 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年9月29日日曜日

【お昼ご飯に玉子焼きを食べに・・・ @明石】 19'9/29

秋めいてきました。
touringやキャンプの良い季節になってきました。
2か月くらい前から9月28-29日に星空を見ながらのキャンプという事で奈良県は天川村、洞川温泉近くの洞川キャンプ場を予約。

天川村のキャンプは確か18年度は台風の影響で中止でしたので今年にリベンジ。
昨年は中止としたけど蓋をあけてみたら台風は逸れて普通に晴れだった。
そんな苦い思いもあるから余計に今年の天川村キャンプは楽しみ。

しかし1度ある事は2度あるもの。
今年も木曜までカンカン照りでしたが金曜から天気が下り坂で土日は雨予報。
星空キャンプという趣旨から外れまくる雨の中キャンプはごめんです。
単車で奈良の山奥まで行く事自体も危険ですし。

また皆で合議しますがM先輩は恐怖の当直明けキャンプと判明。
こらますます危険って事でキャンセル料発生ですがキャンプは中止です。
またしても天川村キャンプが流れてしまいましたが金曜夜の予報で土曜日はなんとか天気が持ちそうな予感。
お泊りtouringは流れましたが集まれるメンバーだけで集まって土曜日は日帰りtouringをしようという話になります。

そういえば我が家の小学生の運動会っていつだったっけとふと気になり金曜日に聞いてみたら「明日だよ。」と・・・。
父ちゃん一家の行事から全くもっての蚊帳の外でした。
2か月前からキャンプを楽しみにしていたから触れなかったようですが6年生の運動会ですから知ったら行くに決まっています。
父として失格な存在だと改めて感じましたがお泊りtouringがなくなってある意味良かった。
結局28日の土曜日の日帰りtouringは各々家庭行事がスライドインした事もあり流れました。

29日の日曜日は小生が当直、Kさんが家用で16時までに戻らなければならない状況でしたが天気が持てば短時間で何処かへ行こうとなります。

そして29日の日曜日の朝を迎えましたがめっさ晴れとる(苦笑)
土日の雨予報はなんやってんって感じでまた去年と同じパターンになってしまった。
M先輩からも天川村の雨予想0%ってばかにしてるのか?!って連絡が。

結局奈良のM先輩は家族仕業で公園にかり出され残りの京都組の小生とKさんK女史というメンバーで走る事になります。
16時に京都というリミットがあり、かつ10時半くらいまで各々仕事という事からも行ける場所は限られます。
紅葉もまだですしお昼ご飯に玉子焼きでも食べに明石まで行きますかと決定。

10時半にKさん職場に集合しますが職場に居合わせていた2年目のT女史も急遽参加となり計4名。自己紹介もほどほどに恒例の出発式。



いつも通り準備とかなんちゃらで時間は過ぎていき結局11時前の出発。
朝晩はだいぶ涼しくなりましたがまだまだ日中は真夏です。暑い暑いと言いながら名神→阪神高速3号神戸線→若宮IC→国道2号を西進し明石を目指します。

Kさんとは何回か明石には来ているので時間に余裕もないので割愛しようとも思っていましたが
浜っ子というT女史が初明石という事もあり鉄板の舞子公園に立ち寄り明石海峡大橋と記念撮影。





この時点で12時45分。京都に16時に戻る為には14時半には明石を出たいところでありあまり油を売っていては後々しんどい。
お腹もペコペコなのでメイン行事の玉子焼きを食べに行きましょうってなりますが何処へ行くか。土日の玉子焼きのお店って人気店は長蛇の列。
10年前にKさんと行った事のある「みいさん」なら並ばずに食べれるかもという失礼な思考回路で行ってみます。
(決して美味しくないとかではなく場所が駅からかなり離れていて穴場的存在という意味。)

10年前の2月はたこフェリーに乗って淡路島に渡るも土砂降りとなり凍えて日帰り温泉1500円!というホテルニューアワジに飛び込んだという思い出がありますがそれ以来です。

いざ着いてみるもお店の雰囲気はまんま。
お値段が550円→650円に修正されている以外はまんまです。


10年前。
みいさんで玉子焼きを食べた後から土砂降りとなりましたが意地でたこフェリーに乗り淡路島入り。




「たいていのお店は明石だこやなくて輸入物だけどここは明石だこやで。」
って10年前にお話しされていましたが今日も同じ話が。
10年経っても変わらぬおかみさんと味がありました。御馳走様でした。

食べ終わって店を出たのが13時30分。14時に明石を出る予定なのでリミットは30分。
せっかく明石まで来たのに明石大橋をちょろりと眺めて玉子焼きだけを食べて帰るだけはなんか勿体ない。
でも残り時間がわずか過ぎて行くにも行く場所がない。
そうだ。帰り道方向の「愛徳坂」に行ってみませんかと提案。

Kさんはバイブル=ツーリングマップルを広げて明石の立ち寄れそうな名所を探しますがなかった模様。
「坂、行きますか・・・。」という雰囲気になり、坂を目指します。

と言っても愛徳坂は明石市ではなく神戸市垂水区であり正確には明石の名所ではありません。

何度か通ってみんなと来てみたいと思っていた場所。
夕陽に染まる海が背景ならもっと綺麗なんだろうなーと思いながら立ち寄ります。
ちょうど愛徳学園がお休みであり正門前のスペースにお邪魔させていただきました。
結構な交通量であり安全なタイミングを見計らって皆で坂と海と街並みを眺めます。



おじちゃんおばちゃんたち(T女史はお姉さん)、青春しています(苦笑)




愛徳坂に立ち寄り14時を回っており途中のコンビニで飲み物休憩をしてこの後はノンストップで京都まで戻ります。
各々の用事もあり流れ解散となりましたが短時間でも良い思い出になりました。

往復200kmちょっとのプチツーリングでしたが玉子焼きを食べに明石まで行ってトンボ帰りというある意味プチ贅沢なツーリングでもあったかな。

あとは・・・。
今日の当直が平和であらん事を(苦笑)

2019年9月15日日曜日

【みちのく宮城県出張備忘録】 19’9/12-13

今回は仙台まで出張です。
直近のみちのく訪問は18年10月の秋田新幹線撮影でした。
また来たいまた来たいと思っていて1年近く経っています。時が過ぎるのは早過ぎる。

会自体は9/13-14がメインですが9/12に実地研修という名の下の工場見学なるイベントもあるので9/12に仙台入り。

同じ資格を持つtouring仲間のK女史と参加ですが交通手段をどうするか。
当初は9/11に定時で職場を脱出し単車でいったん新潟まで目指して快活クラブで5時間ばかり仮眠⇒直接宮城県内の工場見学と壮大な計画を予定。

周りからは京都から仙台まで単車なんて無謀すぎると止められましたがみちのく東北を我が子と走りたく絶対単車と意気込みます。
帰りも新潟経由で越後線の113系撮影とかも目論んでいましたので。

ところがK女史はお母さんと入れ違いで家を空ける事になるのですが、お母さん東北への出発当日にNYから成田に戻ってくるらしい。
当初は定時脱出後で18時には京都を発つ予定でしたが何時になるかわかりません。
おまけに例の台風15号による停電の影響で成田空港からの脱出も平時と異なり読めません。
止めはお母さんNYで携帯なくして連絡のとりようがないと・・・。
「私の人生綱渡り」って言われていますがまさに綱渡り状態。

結局蓋を開けてみたらその日は名古屋にまでしか戻ってこられなかったようで12日に新幹線で仙台を目指します。

京都駅7時39分発ののぞみ300号で東京まで移動しその先は東北・秋田新幹線乗り換え。
JAPANREDのこまちに乗車したかったのでこまち15号に乗車。

緑のはやぶさと赤のこまち。この編成の組み合わせは美しくて見入ってしまいます。



























美しくて見入ってしまう反面、
ヤツメウナギのようにも見えると感じるのは自分だけではないはず。

今回の忘備録はほとんど写真撮影なし。
三脚とD3sを持ち込みましたが寝違えて首が痛くて体調不良もありお手軽iPhone撮影が9割方。

新幹線は早い!
単車だとぶっ通しで10時間ですが体力的にあり得なく結局15時間コースを予定していましたが京都7時39分発で仙台には12時前に到着で5時間かからず。
高速+ガス代と新幹線代もそこまで変わらず結果的には新幹線で良かったかもしれません。

仙台国際センターで受付を済ませて今回の小生の工場見学はYKK AP東北製作所。
因みにK女史はJFEスチールでしたがなんと!年に2回のメンテナンス日とブッキングして工場稼働しておらず・・・。
東北まで来てこのオチとはやはりK女史もなにかを持っていますね。

詳細は割愛しますが12日は工場見学のみの予定であり仙台市内に戻ったら東北御飯に繰り出すしかありません。
仙台は大都市で京都よりはるかに大きい。飲食店も多数あり何処に行くか迷いましたが小判寿司さんへ。
予約でいっぱいでしたが19時までなら良いとの事で17時半からお邪魔します。
普段はけちけち切り詰めますがせっかく東北まで来たのでこの日ばかりはケチらず飲み食い。つまみと握り5貫と東北の地酒をいただきます。

この後は宿にチェックインして2次会は国分町なる繁華街。がんばろう東北。

翌日は朝から聴講しますがやはり首の調子が悪い。
仕事の事も気になっていたので予定を切り上げて13日は帰京する事にします。

着いた日の夜は東北のお魚三昧でしたので牛タンは食べていません。
仙台=牛タンという思考回路は9割方の人たちにインプットされてるのではないかと思います。
国際センターでは牛タンマップなるものも配られていましたが何処に行くか。
地下鉄で仙台駅へ向かいますが途中の青葉通一番町で下車。
あちこちに牛タンのお店がありますが流石仙台。メジャー処の喜助や利休は東京駅や大阪駅で食べる事が出来るので候補から外れます。
何処に行くか迷いましたがファイナルアンサーは牛タン発祥の店かつチェーン店化していない味太助さんへ。うん、行って良かったです。
仙台発祥の牛タンを仙台で食べれたって事が幸せ。

食べ終えたらあとは帰るのみですが後ろ髪を引かれる思いとはまさにこの事。
会とか関係なくプライベートでまた東北に来てゆっくり巡りましょう。

三脚、使わずじまいで単なるオモリ状態だったので仙台駅前で無理やり記念撮影。
そういえば伊達政宗像があったような気がするけど何処に行った。



写真、結局全然撮れずにそっち方面でも不完全燃焼な東北出張でもありました。

2019年9月10日火曜日

【さらば梅田 いらっしゃい大阪梅田 @阪急梅田駅】 19’9/9

前日の関西大学バレー撮影中にD5故障。
夏季休暇のラスト1日を使用して翌月曜日に大阪のNikonプラザに向かいます。

普段なら地下鉄⇒JRで大阪まで行く事が多いのですが今回は阪急で向かいます。
理由は梅田駅という表記が9/30で終了してしまうから。

JRとの輸送競争の名残か頑なに「梅田」を通し続けてきた私鉄たち。

ところが大阪駅と梅田駅は同一地点にも関わらずわかりにくいという理由で大阪梅田に改名すると報道にありました。
河原町も京都河原町になるんだとか。
因みに三宮は既に神戸三宮に変更されています。

個人的意見ですが大阪という枕詞がついても大阪駅ではなく大阪梅田駅。
地下鉄四つ橋線の西梅田、谷町線の東梅田も大阪駅と梅田駅とひとくくりです。
これらの駅名はそのまんまなはず。

全く知らない人からしたら同名でない限り別の離れた駅と思うのではないでしょうか。
だから無理に改名しなくても良いのではと思ってしまいます。

松尾駅も松尾大社駅、中山駅も中山観音駅。なんでもかんでも観光名所と歩調を合わせんでもええやんって思います。
昔からの駅名、地名も大事にして良いのではないでしょうか。

JRでも湖西線の西大津駅が大昔に大津京駅になりましたが
「なんでも雅な感じにしようとするけど現実との乖離に寒気がする」と某撮り鉄仲間が言っていたのを思い出します。

京都線の神足も長岡京になりましたし。確かに無理やり雅な感じにしなくて良い。
私鉄は私鉄の意地で「梅田」を貫いて欲しかったかな。

まああくまでこれも一個人的勝手な意見。大阪梅田になっても阪急梅田と呼び続けて愛着は変わりません。

9線10面に掲げられている梅田の標識もあと3週間ばかし。
なかなか行く機会がないのでNikonプラザに行く前に少しばかし記念撮影です。

ちょうど4号線にHマークと旧社章が復活された8000系が停車しています。
成長をモチーフにした新しいコーポレートマークより神戸市章と大阪市章を重ね合わせた旧社章の方が趣があって好きでした。

運転席後ろの側窓上部のHマークは子供の頃の憧れでもありました。

2号線の普通高槻市行きは魔改造された7300系・・・。


Nikon D3s+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED


続いて9号線からも同じように撮影する為に移動します。

Nikon D3s+SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL


8000系の特急のあとは魔改造された7000系でした。


Nikon D3s+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED


この光景もあと少し。

さて、梅田駅徘徊後にNikonプラザ大阪に持ち込んで改めて検証してもらいましたが見積費用に上乗せが生じて94824円と。果たして結果は如何に。

こちらから連絡がなければ9/19以降に取りに来てくださいとの事です。


2019年9月9日月曜日

【関西大学バレー秋季リーグ開幕戦観戦とクラッチレバー交換 備忘録】 19’9/8

タイトルからしてよくわかりません。
忘備録を分けようとも思いましたが同じ日の出来事だったので一緒に備忘録。

9/8は関西大学バレーの開幕日。
1部は男女ともに近大体育館。2部女子は近所の京産大。どっちに行くか。
結局天気も良いからtouringも兼ねて近大までひとっ走りします。

ネット社会が急速に広まり肖像権やプライバシーの問題もあります。
大昔は撮影許可証等なくても自由に撮影出来ましたが今は撮影許可証は当たり前。
そしてなんと今回の大会から身分証明も求められるようになりました。

変な輩がネットに変なのを流すからこうしてどんどん窮屈な世の中になっていくのでしょう。

あおり運転もあおられる要素があるチンタラ追い越し車線を走り続ける輩がいたらある程度発生している訳ですが
後方録画されてネットに流されたらあおった方は終わり。
なんかおかしな世の中です。
と、まあこんな書き方をしたらあおり運転肯定派と言われて叩かれるのもネット社会なのでしょう。


暗い話は終わりにして大学バレー開幕戦に戻ります。
毎度おなじみ近大体育館ですが近大は単車用の駐輪場も整備されており助かります。
関大は同じ総合大学ですが単車通学自体を禁止しており単車駐輪場がなく困ります。
ありがとうございます近大。

駐輪場で駐車許可をもらい体育館まで5分くらい歩きますがとにかく暑い。
汗が滝のように出てきますが体育館の中も超絶暑い。こんな中で熱戦を繰り広げる選手は凄い。

さて、何処から観戦するか。
1試合目に関大男子がありまずは本館。女子2試合目に同じく関大女子があり2試合目から別館を予定します。

家からは阪神高速→第二京阪→近畿道で1時間以内で到着し時間はまだ10時前。
春は遠慮して側面から開会式を見ていましたが今回は正面に居座らせていただきます。

一堂に1部の選手達が集います。



まず春男子1部優勝の龍谷大学にレプリカ贈呈



続いて春女子1部優勝の神戸親和女子大学に



引き続き春男子2部優勝し1部に再び戻ってきた関西大学に



最後は春女子2部優勝し昇格してきた武庫川女子大学に



そして山本会長からの開会の御挨拶



最後に神戸親和と龍大主将によるリーグ開幕宣言があり開幕です!

Nikon D5+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED


みなさん怪我せずリーグ戦を戦いきって欲しい。
いつも思う事ですが大学生は身体がごつくていかついが何処かあどけなさもあり見ていて微笑ましいものです。

春リーグの画像は結局upしていませんが秋リーグの模様は少しだけ。
今大会がラストの4回生を中心に。

関西大学 vs 龍谷大学












Nikon D5+AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR


開幕戦は春の覇者龍大が3-0(25-15、25-23、29-27)で1部昇格の関大を破りました。

2セット、3セットは惜しかった。敗れはしましたが2戦目以降の関大、がんばれ。

熱戦よありがとうと思いながら関大女子観戦の為に別館に移動。
芦屋大学との一戦でしたがこの試合の途中からメイン機のD5でErr表示出現。

異音もし出してとうとう撮影不可の状態になってしまいました。
電源をoffにしてもErr表示が出たままで重症感が臭いまくりです。
サブ機のD3sもありましたがD5に慣れるとメインで使用する気にはどうしてもなれず。
人間、一度贅沢を味わうと元に戻れないとはこの事。

暑さもあり途中で帰宅の途につきますがここで9/1に注文していた単車のクラッチレバーが届いたとの連絡があり単車屋へ向かいます。
車体を購入した大阪のお店まで行くのが億劫だったのでクラッチレバーは地元のうちの一店に依頼。

時間かかりますと言われましたが1週間以上かかっています。これも外車特有の問題か。
Kawasaki時代と比べてしまいますがやはり国産車が良い。



ここからは愚痴のオンパレードなので気分を害す可能性がございますので害したくない人は見ないでください。
ネットで自分の愚痴をグダグダ言うのは見苦しいと思っていながら自分もやっていまいました。

明細を見て驚き。
クラッチレバー1本で11448円!というのもなんですが単純な六角ナットで432円!!

なんでも留めている六角ナットの使いまわしは禁止されているから注文しておきましたとの事。
なんで使いまわしが禁止なのか教えて欲しいしホームセンターで買ったら1個50円くらいなのでなんで432円もするのか教えて下さい誰か(苦笑)
あとからネットで色々見てみるとフランジ付きとかは確かに高い。
よくよく見てみるとナイロンナットでしょうか。適正価格がわかりません。




バイエルンのプロペラ屋、恐るべし。

そもそも外車に乗る人ってこんな事はわかり切っていて文句も言わない人たちばかりなのか。
庶民感覚からズレまくっている価格設定と思うのは間違いなのか。

デザイン、無骨さ、唯一無二の存在に惹かれてR1200GS advを無理して購入しましたが乗り換えでBMWはもうないと思ってしまいます。
国産のアドベンチャーバイクはYAMAHAのテネレシリーズ、HONDAのアフリカツインシリーズ、そしてSUZUKIのV-stromシリーズでしょう。
KawasakiからVersysもありますが250cc。

てっきりお店で付けてくれるのかと思いきや商品を渡されて終了。
ライムグリ-ンだったら交換もして渡してくれてたのになーとライムグリ-ンを懐かしく思います。

帰宅して細々と交換作業を開始。

ハンドルガードを外してトルクスで押さえながら使いまわし禁止と言われている六角ナットを外します。



ナットを外してねじを引き抜くとクラッチレバーは簡単に外れます。



外したレバーと新品。
先端折れだけで走行にも支障がなかったから大金はたいて替える必要があったのかという思いも湧き出てきます。




ねじが通っている銅色の金具をドライバーでグイグイと押し出すと完全に分解されます。

この時バネが飛んで行って探し回るが何処にも見当たらず。新品のバネを使用したら良いのですが車体の隙間に落ち込んでいたのを発見し再利用。
社外品のクラッチレバーを付ける時にネジとかバネは流用のようであり残しておくに越した事はありません。



完全にばらされたクラッチレバー。
これをもとのようにハメていくわけですがバネが瞬間で飛んで行ったので何処に使用するかわからず。工作関係苦手なもので。



ここで車体購入時にAmazonで購入していたR1200GSの解剖本が役立ちます。
附属の説明書の情報が少なすぎるのでもしもの為にと購入していました。
ライムグリーンのような身近な単車屋さんがないと本当に困ります。外車のディーラーって敷居が高いと正直感じる。



あ、確かにバネを挿入できそうな穴があります。
写真があって助かりました。英語読んでもわからんし読む気にもなりません(苦笑)

こうしてめでたくクラッチレバーの取り付けは完了。
使いまわし禁止の六角ナットも極々平凡な六角ナットであり再び使用しています。



そういえばなんか機械関係が壊れている今日この頃。
家の自転車も変速機故障で結局自転車乗り換え。転倒クラッチレバーの交換で12000円。

そして・・・。

D5の修理見積をオンラインでやってみたら・・・。87800円!!!!

高すぎる(苦笑)

という事で最後の夏休みを利用して早速Nikon大阪センターへ行ってきます。



2019年9月7日土曜日

【涼を求めて @赤目四十八滝】 19’9/6

9月に入りましたが今週も暑い。
消化しなければもったいなく申請した夏季休暇の2日目。
1日目は伊豆日帰りの翌日で家でぶっ倒れていた夏季休暇の1日。

鉄以外をたまにはと思いますが何処へ行くか。
暑い日が続く⇒避暑って思考回路と以前に訪ねた事のある赤目四十八滝を数年ぶりに訪問。

のんびりと信楽経由で向かいますがど平日でもあり道は空いています。
お昼に赤目に到着しましたが茶屋も開いておらず駐車場も閑散としています。
平日の空き具合を味わうと土日に来るのが億劫になってしまいます。

せっかく滝を巡るわけですからNDフィルターを購入し滝撮影です。
一番奥まで行くと往復3時間くらいかかるのでお手軽な千手滝の千手茶屋付近までしか行きませんでしたが赤目五瀑のうちの三瀑まで見る事は可能。

メインは荷担滝だよと茶屋のお婆ちゃんが教えて下さいましたが時間の都合でそこまで辿り着けず引き返しましたが「もう帰ってきたんかいな」と残念がられてしまいごめんなさい。

入り口からすぐのところにある霊蛇滝から巡ります。



続いて五瀑の一つ目、不動滝。



五瀑の二つ目、千手滝。不動滝のミラーイメージ的な・・・。



千手滝の側の千手茶屋で休憩して少し進むと五瀑の三つ目、布曳滝。



滝以外の場所も川面に降りて涼を感じられる赤目四十八滝。
久々の訪問ですが紅葉の秋にも訪ねたいですね。



Nikon D5+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED


大阪経由で帰宅しますが梅田でうだうだ過ごすと陽も落ちたので伊丹空港にちょっとだけ寄り道します。

練炭ジェットなる撮影があるようですが確かに離陸前のエンジンが練炭のよう。
右は等倍モニタで見るとなんとかわかるレベルですが左エンジンは縮小していてもわかる程度の練炭エンジン。



この後は赤組さんと青組さんを適当に流して撤収帰宅。翌日の仕事に備えて早々に就寝です。
久しぶりにのんびりと巡った休日也。





伊丹空港は28-300mmのお手軽ズームレンズですが手持ちで気楽に撮影。
色々な批評がありますが個人的には十二分に優秀です。

Nikon D5+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR