2020年4月24日金曜日

【Road to SFCスーパーフライヤーズカード 支出報告】 20'4/22

COVID-19による緊急事態宣言継続中。
緊急事態宣言をされているが宣言だけであり任意によるところが実情。

巷の報道では自宅待機者がコロナで死亡、クラスター発生etc そのようなニュースばかりが流れています。

いつも言うようにスポットでニュースを延々と深刻な顔で報道され続けると不安を煽り続けているのは自明。報道側の個人の推論で好き勝手の発言で大衆が扇動されているように見受けます。

インフルエンザ関連でも毎年1万人以上亡くなっている。この事を恐れて社会活動を止めているのでしょうか。

命の切り捨てかと言う人が多々いると思いますが個人的には藤井聡先生やこちらの記事に概ね賛同。

喫煙者がリスク。肥満がリスク。糖尿病患者がリスク。
これはどの疾患でも同じ事でありわかり切っている事。

なぜ、これらの事がわかっているのにマスクを買い求めながら煙草をすぱすぱやり続けている人がいるのか。
食べたいからという理由で節制なく食べ続け肥満、生活習慣病の悪化を続けるのか。
もちろん、「わかっちゃいるけどやめられない」という心理や心の病等の種々の理由があるのも事実でありますが。

人間誰しも病気になりいつかは天命を迎える。
どれだけ節制していても病気になる人はなるし不摂生をしていても病気にならない人もいる。
が、疫学的に喫煙、糖尿等で種々のリスクが高まるのは自明。
ならばそのリスクを高める原因を排除するよう予防医学へ目を向けたら健康寿命が延び医療費も抑制され個人、国共に良い事ではないのでしょうか。

そこをどのようにして乗り越えていくかが人であり自分との戦いと思うのはきれいごとかしら。

自分も聖人君子ではなく我慢しなければいけないのに我慢できていない事が多々あるので偉そうに言える立場ではありませんが・・・。
人間誰しも汚い部分やずるい所、アウトな所はあるでしょう。

けど、一国の宰相が己及びお友達の利益の為に血税を流用したり法律を捻じ曲げるような事をしでかすのは度が過ぎているし良心のかけらもないように見える。
赤絨毯の上で特権意識にまみれた人達はこの国の10年だけでなく50年、100年先の事を思って政治をしているのか。
中学生でもわかる嘘を平気でつき続けても当選させ続ける地元の民度も疑う。

布マスク2枚を各世帯に配る費用が466億円。あほ過ぎませんか。

と、また前置きが長々と続きました。
熱く文句を言いながら支出報告なんぞのつまらん備忘録ですが参考までに。

先にも述べましたがコロナ特別対応で1/1~6/30搭乗分のプレミアポイントを2倍とするという告知がありました。

通常なら16往復で2216Px16=35456P
騒動前に16往復しており日によって航空運賃は変動していますが
純粋に航空券を16往復分支払っていたら268300円。
7.57円/P
マイルをSKYコインに変換してSKYコイン使用をしたりしたので実際の支出額は145960円。
4.12円/P

1P当たり10円以下であり十二分に認容内ですがポイント2倍となったので今回のRoad to SFCでの1P当たりの費用は
2.06円/P でした。

純粋に航空運賃で換算しているだけで空港までの交通費や沖縄での出費を計算したら実際のP単価は上昇しますが取り急ぎ参考まで。



自粛要請で本当に家と職場だけが続き精神的にも参ります。
しかし今は皆、同じ状況。知り合いの飲食店の人達を思うともどかしさもありますが可能な限り早期収束をさせる為にも今は耐えましょう。

世の中の大多数の流れから耐えようと言っていますが本筋はこうではないのかと強く思います。


2020年4月12日日曜日

【こういう御時世だから大学時代の振り返り & Please contact me from HK】 20’4/12

COVID-19による外出自粛で家と職場の往復だけの日々が続きます。

個人的に藤井聡先生のこちらの記事動画に賛同。
が、職場第一号になって周りに迷惑をかけてはいかんという思いもありなんやかんやで自粛。

協力を求めるという表現に留めていると結局自分も含めて出歩いてしまうもの。
2週間と言いながら中途半端な制限だからだらだらと感染が続いてもう2週間、4週間と中途半端な自粛が延々と続きそう。

だったらフランスとかみたいにガツンと外出禁止令、徹底的に3週間近く閉じこもる的な方が長い目で見たら良いように思えます。
法律論どうこうの話になるけど非常事態と言っているなら非常事態なりの柔軟な対応をして欲しい。

マスクも億枚増産とか言っている割に医療現場の資源は枯渇。
国がメーカーから一括管理にして必要な所に配給してくれ。マスク求めて朝から並んでいる健常者を見ると???という気持ちになる。

前にも書きましたが「防ぐ」というよりも「うつさない」という意味合いのマスク。
無症候性感染者とか言い出したらキリがない。元気でどうもない人がマスクを追い求めて並んで転売やーから高い金でネット購入とかあほらしい。

どうもそこら辺の正しい情報も整理して欲しい。
日赤の医者からの拡散希望とか訳わからん情報を喜んで拡散させてる奴らもおるようですし。
コロナで肺の繊維化って・・・。DADパターンのなれの果てで肺の繊維化は起こるけどコロナですぐ繊維化とか個人の解釈での情報を流すな日赤の医者を騙って。


この間違った情報にまみれたSNS社会にもある意味疲弊してネット上で愚痴ってしまいましたが前置きはこの辺で。
楽しくない日々だからPCのHDDの整理も兼ねて大学時代の写真を見てみますがまあ少ない事。

6年間も過ごしていたのにたったこれだけかというくらい少ない。
確かにガラケーの時代でようやくデジカメが普及しだしていた頃だったはず。SONYとかCASIO!!のデジカメを見て喜んでいたような。

大学6回生頃からデジカメ持ち始めたようで節目ごとにアホ写真が量産されていた(苦笑)
学生時代は楽しかったなーと個人的回想。

今回の備忘録は超個人的な回想と業務連絡。
こういう出歩けない時期だから出来る事もあるから有効に時間を使おう。

国家試験に向けて勉強会室なるものを与えられてみんなで籠っていた日々。
つっかえ棒とかをホームセンターまでみんなで買いに行った時が懐かしや。部活のジャンパーを愛用していましたがまだまだ現役です。

懐かしの214号室



たしか2回目の卒試を終えて羽を伸ばしていた頃だったでしょうか。
ホルモン何百gかを30分以内に食べたら無料とかのお店が大学の近くにあった。

勿論とっくに潰れて今はありません。名前なんて店だったかな。
勉強会室のメンバーでアタックしてたけどあの頃は若かった・・・。



途中からほとんど炭になっとる(苦笑)
げらげら笑いながらそう言ってたような気がする。

時刻が写真に残っているけどM井は30分以内に完食したけどI井は炭と戦っているから完食出来なかったんですよね。



カラオケに行く事なんかないけどこの時は気晴らしに節目の飲み会の後に行っていた模様。うん、こうして見返してみると楽しそう。実際に楽しかった。

これは1回目の卒試を終わったあとの打ち上げだったはず。



あとはアホ過ぎる写真ばかりですが結構鮮明に覚えているものですね。

悔やまれるのが卒業旅行の写真。
勉強会室オフィシャル卒業旅行はスペインにサッカー観戦しにいくというものでしたがサッカーに興味がないのに大金はたいてスペインまで行く気にならんと小生だけ欠席。
その代わりM井と二人で青春18きっぷで北海道まで行くのが卒業旅行になりました。

今思えば貴重な列車旅で今では絶滅している列車も多々あったのにアホな汚い写真ばかりを量産していた。
まあ写真とか鉄道撮影を始めたのは社会人になってからでしたが勿体ない事をしてしまった。

青春18きっぷでの鈍行旅行が卒業旅行ってのもある意味寂しいけど良い思い出。
名古屋から東京経由で東北本線に乗って福島駅で降りたようです。



記憶が飛んでいるけど青函トンネルは485の特急白鳥で北海道入りしたようです。



いつの間にか函館に到着したらしい。



寒かった思い出しかない函館ですがもっとちゃんと観光したら良かった・・・。
このアホ写真で終了しているからこの後どうやって下宿まで帰ったのか記憶にない。



と、今回はCOVID-19で出歩けずネタもなくHDDのゴミ箱からの思い出振り返りとなりましたが
咳エチケット、手洗いの励行をしっかり継続して感染しない、感染させないという意識を持ち続けましょう。

そういえば流行になりつつあるオンライン飲みを先ほどやってみた。
普通にlineのグループビデオ通話だけど意外と楽しかったのが正直なところ。



最後に個人的な業務連絡。
ふとした事でHKの知り合いの方と連絡が取れなくなってしまいました。
中学生レベルの英語で申し訳ない。

If you see this article.
Please contact me from HK.


2020年4月2日木曜日

【御近所桜探訪記 @高野川界隈】 20’4/2

COVID-19で閉塞感が増している今日この頃。

いつどこで自分が拾ってくるかもわからず。自分は軽症で済んでも職場や高齢者への影響を考えると全てにおいて気を遣います。

当初は「≒flu」的な思考回路でしたが想像以上に手強い様子。

ただ色々な情報が錯綜。特に恐怖を煽るような記事が大多数を占め冷静に考えねばなりません。
国によって致死率が異なるのがどういう事かという点等をしっかりと考えるべきですが何人亡くなったとか若者の死亡例等の記事ばかりが流れる昨今。
人種差の影響もあるのでしょうか。それともアジア諸国はマスクの着用率が高いから無症候性感染者からの影響が少なく留まっているのか。諸説ありまだ真の事がわかりません。

ソースがしっかりとした情報、きちんと解析されたデータを元に冷静に対処しましょう。

厚労省の4/1時点の発表ではPCR陽性での確定症例が2178例、死亡例が57例であり単純計算で2.6%の致死率。確かにfluより高いのは事実ですが次々に亡くなっている報道がある欧米諸国と比して本邦は遥かに致死率は低い。
JAMAオンラインで見る事が出来ますがイタリアでは7.2%。ただPCR検査も感度が70%以下らしくすり抜けや無症候性感染者を含めたらもっと多くのNであり真の致死率はもう少し低いのかもしれません。

統計とか全く理解していないので素人がこれ以上語るのは止めますがインパクトのある記事(若年者の死亡報告etc)ばかりに引っ張られずに一呼吸おいて見直しましょう。

京都は着物を着たおじさんが当初はそこまで危機意識がなかったのか桜のライトアップがあったりと大阪、兵庫の自粛要請とは異なりのんびりしておりました。

関西圏で個々の府県が自粛をしても人の流れは多く全体でやらないと効果は乏しくなるのではないかと思いますが今後どうなるのでしょうか。行政の人達、特に保健所職員、対応窓口に応援で動員されている保健師さん達等は大変ですが不休の対応をされていると思います。

花見というムードもなく今年の桜は犬の散歩のついでに近所の高野川界隈を散策して終わりそうです。
「桜見て来たよ」的な記事を上げるだけでも不謹慎と叩かれるのが現世の風潮かもしれませんが。

今回も前置きが長くなりましたが鴨川デルタから高野川方面を上がっていくと川の東側は素敵な桜並木。
個人的に御薗橋~高野橋~松ヶ崎橋が綺麗だけど空いていて好き。平日という事もありそこまでの人出もなく犬付きでものんびりと散歩できます。

1枚目は最寄りの疎水で2、3枚目は御薗橋の近くから。





夜勤明けの木曜日。雲が湧いていましたが雨も上がり晴れ間も少しありました。
収束する日が読めませんが日々健康に働けている事を感謝して明日も頑張りましょう。